リピトールはコレステロール値を下げる薬で高脂血症治療薬として使われます。
医療用医薬品なので基本的には病院で医師の処方箋のもとで購入できます。
「基本的には」といったのは医薬品の個人輸入によって海外から処方箋なしでも
リピトールやそのジェネリック薬を通販できるからです。

個人輸入以外でリピトールを購入する方法はありません。
市販薬であればリピトールのようなコレステロール値を下げる医薬品もありますが、
正直医療用医薬品であるリピトールと比較してしまうと効果は薄いでしょう。

リピトールの代わりとなる市販薬としては持田製薬の高脂血症治療薬である
エパデールがスイッチOTC医薬品となっていますね。

このスイッチOTC医薬品は医療用医薬品としてすでに実績のある薬を市販薬として
販売できるように変更を加えた医薬品のことで副作用の心配がいらないなど
いくつか満たさなければいけない用件があります。

有名どころではブテナロックなんかはスイッチOTC医薬品ですね。
イコサペント酸エチルという成分が申請に通れば第一類の医薬品として
販売されるかもしれませんが大分過去のことなのでどうなったのかは不明です。
ただコレステロール値を下げる市販薬が販売されたらバカ売れしそうですね。

参考サイト>>リピトールやジェネリックを個人輸入で通販する方法