営業支援の利用で仕事効率がアップ

部署間で情報が共用しやすくなった

ツールを活用すると営業先の住所と地図が連携され、ほぼ自動でルートを示してもらうことができるのです。
実はこのツールが導入される前には1時間以上かかっていた作業だったので、かなりの時間短縮になりました。
自分で作成するよりも無駄がないルートが示されるので、営業先を訪問するときの移動時間も短縮することができたと感じています。
営業支援ツールを取り入れてからは、多くの情報をデジタル管理するようになりました。
紙をパラパラとめくりながら仕事をしていたので、最初は慣れませんでしたが、デジタル化されてから便利だと感じることが多くなったのです。
たとえば、ある顧客の情報を見たいときに、他の社員がそのファイルを持っていると自分は見ることができません。
仕事を後回しにすることになるので効率が悪くなっていたのですが、デジタル管理になってからは同時に閲覧することができるので非常に便利です。
それだけではなく、情報が見やすくまとまっているので、短時間で得たい情報を手に入れることができる点も非常に便利だと感じています。
また、部署間で情報が共用しやすくなった点も嬉しいポイントです。

営業支援ツールを活用部署間で情報が共用しやすくなったこれからも便利なツールやシステムがあれば活用したい